現場で簡単にできて強度が高いシーバス用お勧めラインシステムはこれ!


どうもseigothrash(セイゴスラッシュ)です。

なんて読むの?って感じのHNなのでカタカナでも書いてみましたw

ちなみにTHRASHは、昔SK8(スケートって読みます=スケボー)やってたので。

「THRASHER」ってSK8ブランドありますよね、あのTHRASHです!

あとThrash Hardcore (≒fastcore,powerviorence系)も好きなので^^


それとそれと、このブログのタイトルは“No Remorse”といって、

大好きなメタリカの曲名からパクりました!!

もし釣り動画を撮るなら、僕がHitした時に流れるBGMは

CREEPING DEATHになるでしょう★


はい、どうでもいい情報でしたwww


シーバス用簡単最強ラインシステム!!


では本題です(^^;

皆さん現場でラインシステムを組み直すのって面倒じゃないですか?

特に冬の時期だったりすると、手が震えて組めない~とか。

または1分1秒たりとももたつきたくない時合なのに~とか。

僕は準備段階でラインシステムを組めるときは、FGノットにしてます。

基本的には摩擦系でシーバスや青物、シイラあたりの釣りをするなら

信頼度が高くてそこそこ簡単な最強のノットだと思ってます!

DUELのYouTubeがわかりやすかったので、僕がやってるFGノットは

こんな感じです。








ただ、最初に言ったみたいな極寒の時や急いでいる時、マズメ時で手元が暗い時

なんかでは、ちょっと手こずったりしちゃいます(僕の技術的レベルもあるんですが)。

そんな時お勧めしたいのが尊敬する村越正海さんが考案した

正海ノット

シーバスやっている方は知ってる人も多いと思うんですが、

まぁイナダクラスの青物までなら問題ない強度です。

そして何よりチョ~簡単(^^

馴れたら(裏技使えば)1分で出来ます。

わかり易くグローブライドのHPに正海ノットが載っていました!

正海ノット
 




正海ノットの裏技って??


nr0093

見ていただいた通り、これだけでも十分他のシステムより遥かに簡単

なんですが、もっともっと簡単にするチートがあります!


正海ノットで一番時間がかかるor面倒くさいのって・・・

ビニツイストですよね?

ってかダブルライン。


あ、ビニツイストが得意な方はここから先は無視して下さいw


裏技は、このビニツイストの代わりになんちゃってダブルラインにする!

って方法です。

なんちゃってダブルラインとは、こんな感じ

nr0091


絵が芸術的過ぎてわかりづらかったらごめんなさいw

要は、メインラインを二重にして硬結びの要領で3回くぐらすだけ!

ダブルラインの部分は10cm~15cmくらい。

これでバッチリです!簡単でしょ(^^

ちなみに、この正海ノット時短バージョンを10年以上使ってますが、

システムがスッポ抜けたことは1度もありません。

もちろん、なんちゃってダブルラインが解けたことも1度もありません。

ただし、摩擦系ノットに比べてコブが大きいので、ティップのガイドが

小さくて繊細なロッド(例えばバチ抜け専用ロッドとか)では、たまに

先端のガイドにコブが引っかかるので、ショックリーダーを長めにセットする

ような方は注意です。

ティップのガイドにコブが引っかかって、PEラインがブリッって(^^;


まぁ普通のシーバスロッドなら大抵大丈夫ですけどね。


現場で組み直すシーバス用ラインシステムでは、この正海ノット

マジでお勧めです!

ラインシステム組み直すのめんどくせぇ~って思っていた方は

是非やってみて下さい(^^v

ブログランキング・にほんブログ村へ

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です